So-net無料ブログ作成

「もぐり狩り」で高校生2人に重軽傷負わす 内装工の少年逮捕(産経新聞)

 埼玉県警少年捜査課と春日部署は9日、強盗致傷の疑いで、春日部市の内装工の少年(15)を逮捕した。

 少年捜査課の調べでは、少年は春日部市の土木作業員の少年2人=いずれも強盗致傷容疑で逮捕=と共謀。5月17日午前1時半ごろから約1時間半の間、春日部市南中曽根の量販店で、幸手市の県立高校3年生の男子生徒(17)と友人の県立高校3年生の男子生徒(17)に因縁を付けて約150メートル先の公園に連れ出し、公園にあった木のくいで殴るなどして2人に重軽傷を負わせた上、2人が乗ってきたバイクなどを奪った疑いが持たれている。

 少年捜査課によると、3人は暴走族の予備軍で、男子生徒らのバイクのナンバーが跳ね上げてあったことから因縁を付けた。内装工の少年は「手は出していない」と否認、ほかの2人は「もぐり狩りでやった」などと供述しているという。

【関連記事】
「クレイジーなことをやろう」警官に生卵投げた少年ら逮捕
「上下関係のない新しいグループ立ち上げたい」と集団暴走 容疑で少年10人を逮捕
「半キャップ」なら襲撃 通行人暴行の暴走族OB逮捕
「チャリンコ族」に立腹、少年が集団リンチ
二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故

携帯マナーで口論 男性を殴った容疑(産経新聞)
米軍ゴルフボール飛び出し、防衛相に対策要請(読売新聞)
「植林ツアー」が人気 楽しみながら環境に貢献(産経新聞)
<リコール>ブラザー工業が家庭用ミシン30万台 (毎日新聞)
上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)

もしかしたら…“平城京カレー”(読売新聞)

 平城遷都1300年を記念して、奈良県奈良市高畑町のタイ料理店「RAHOTSU(ラホツ)」が、奈良時代にあったとみられる食材だけを使った新メニュー「一三〇〇年カレー」(800円)を考案した。

 江戸時代に日本に伝わったタマネギの代わりにナスで甘みを出すなど、野菜が中心のまろやかな味わい。6月には、東京の奈良まほろば館などでレトルトパック(680円)を発売する。

 東大寺の大仏開眼会(752年)で導師を務めた菩提僊那(ぼだいせんな)がインド僧で、正倉院宝物にコショウなどの香辛料があることから、「奈良時代にもカレーと似た料理があった」と想定。山田素子店長(26)らが、1月から文献などを手がかりにレシピ作りを進めた。

 タマネギが使えないため、白ネギで試してみたところ、甘みが足りなかった。そこで、インド料理を参考にナスで代用。とろみはサトイモ、うまみは干しシイタケなどで付けた。

 米は古代米の黒米を使い、きのこを中心に、レンコンや大根なども具材に。モチアワのぷちぷちとした独特の食感も楽しめる。

 山田店長は「ヘルシーで元気になれるカレー。国際性が豊かだった平城京に思いをはせてほしい」と話している。現在のカレーは明治時代にイギリスから伝わり、日本風にアレンジされたとされる。

 問い合わせは同店(0742・24・1180)。

「小沢氏に見限られた」不仲説、首相は否定(読売新聞)
<民主党>党内から鳩山首相に早期退陣を求める声強まる (毎日新聞)
<松屋浅草>日本最古の屋上遊園地、31日閉鎖(毎日新聞)
龍馬のユニークキャラクターなど登場=長崎県〔地域〕(時事通信)
徳之島は「日常的訓練」=普天間移設、本土より高頻度想定―官房長官(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。